太田医院

四日市市にある内科,循環器内科,小児科|太田医院

〒510-8021 三重県四日市市松寺1-7-14
TEL:059-365-0067
FAX:059-365-0097
トップページ»  狭心症と不整脈

狭心症と不整脈

狭心症と不整脈

 狭心症と不整脈。心臓疾患ということくらいは知っているけれど、どんな病気かはよくわからない…という方は多いのではないでしょうか。
  心配のないものもありますが、心筋梗塞につながる危険な狭心症や不整脈もあります。この機会に、それぞれの病気について知っておきましょう。
 
狭心症と不整脈

 

狭心症

-冠状動脈が狭まり、心筋が酸欠状態に陥る病気-

 全身に血液を送り続けている心臓は、常に多量のエネルギーを消費しています。そのため、心臓の周りには、酸素や栄養を供給する太い血管『冠状動脈』がとりまいています(図1)。
 しかし、この冠状動脈に動脈硬化が起こり、一時的に血管の内腔が狭くなると、心筋に供給される血液量が減少します。これにより心筋が酸欠状態に陥り、胸痛が起こるものを狭心症といいます。
 具体的には、動脈硬化を起こした冠状動脈の血管内で生じる図2のような病変が原因となります。

狭心症

<狭心症の種類>
狭心症は、労作狭心症安静狭心症の二つに大別されます。
●労作狭心症…身体を動かしたり、精神的に興奮したとき、心筋の仕事量が増え、発作が起こるもの。
●安静狭心症…安静にしているときにも発作が起こるタイプ。深夜から明け方に発作が起こる異型狭心症は、その典型といえる。また狭心症のなかでも、著しい症状の悪化や、発作の頻度が高く、心筋梗塞に移行する恐れがあるものを不安定狭心症といいます。

<症 状>
胸が圧迫されるような、重苦しい痛みが現われますが、通常1~10分以内に消失します。
胸の中央部に痛みを感じることが多く、また、放散痛といって、喉やみずおち、背中、左側の肩や腕に痛みが生じることもあります。

<検 査>
詳しい問診のほか、検査では、※1心電図検査※2運動負荷心電図検査※3ホルター心電図検査心臓超音波検査(超音波を使って、心臓を画像化して調べる)、冠状動脈造影検査(冠状動脈に挿入した管から造影剤を注入し、血管の狭窄部位を動画で確認する)などが症状に応じて行なわれます。

<治 療>
■薬物療法…発作に対しては、速やかに冠状動脈の血管を拡張させる硝酸薬が有効です。また、発作予防には、血圧を下げるカルシウム拮抗薬や、拍動を促進する交感神経の働きを抑えるβ遮断薬などが用いられます。
■外科的療法…症状が悪化した場合には、冠状動脈に挿入した管の先についたバルーンを、病変部で膨らませ、狭窄部を拡げる経皮的冠動脈形成術(PTCA)や、狭窄部から動脈への新しい血液の通り道をつくる冠動脈バイパス術などが行なわれます。
■その他…狭心症の原因である動脈硬化の治療や、※4日常生活の見直しを行ないます。

※1~3…「不整脈」の<検査>参照
※4…「不整脈」の<治療>参照
 

 

不整脈

-心臓の拍動の速さやリズムが乱れる病気-
心臓は、右心房にある洞結節から一定のリズムで送られてくる電気刺激にしたがって、拍動しています。この規則正しい拍動を整脈といい、反対に、電気刺激の異常やその他の原因によって、拍動が乱れることを不整脈といいます。
 不整脈は脈が速くなる頻脈性不整脈(100回以上/分)と、脈が遅くなる徐脈性不整脈(50回以下/分)に大別されます。さらに、症状や起こる部位などにより、表(下記)のような種類があります。

不整脈

<検 査>
 不整脈が疑われる場合、詳しい問診と、心電図を中心とした検査が行なわれます。
 仰向けに寝た状態で、心臓の電気刺激を記録する通常の心電図検査のほか、運動負荷心電図検査(軽い運動を行なって心臓に負担をかけ、運動する前と後の心電図を比較したり、運動中に心電図をとり、異常を調べる)や、ホルター心電図検査(小型の心電図計を24時間携帯し、心電図の異常を調べる)などを行ない、どんな状況下で、もしくはどんな時間帯に不整脈が起こるかを調べます。

<治 療>
■薬物療法…それぞれの症状に応じて、抗不整脈薬や、β遮断薬、心臓の収縮を増強させる強心薬などが用いられます。
■心臓ペースメーカー…心臓に植え込み、拍動が遅くなった際、人工的に電気刺激を発して、正しい拍動に戻すものです。徐脈性不整脈の治療に用いられます。
■植え込み型除細動器(ICD)…除細動器とは、心臓に強い電気ショックを与えて、心室細動を整脈に戻す機械です。これを超小型にしたのがICDで、心臓に植え込むと、拍動に危険な異常が現われたときに自動的に作動します。心室頻拍や心室細動の治療に用いられます。
■日常生活の見直し…発作を引き起こす誘因はできるだけ避ける必要があります。過去の発作で何がきっかけとなったか、記録しておくとよいでしょう。
 一般に、疲労や睡眠不足、ストレス、運動、喫煙、飲酒、カフェインを多く含む飲み物の摂取などが誘因になりやすいようです。

 
主な頻脈性不整脈 期外収縮
不整脈のなかで最も多いタイプ。電気の規則正しいリズムにずれた拍動が生じて、脈拍数が減るもの。脈が飛ぶように感じる。
心房細動
収縮の際、統一されるべき心房の動きが、場所によってばらばらになり、細かく動いている状態。脈は不規則で、頻脈になる。一過性(発作性心房細動)と持続性がある。持続性の場合は、ポンプの役目を果たさなくなるため、心不全に陥る危険性がある。
心室細動
最も危険な不整脈。心室のさまざまなところに電気刺激が発生して、心室が痙攣状態になる。血液を送りだすことができなくなり、いわゆる心停止状態となる。早急な処置が必要
心室頻拍
異常な電気刺激が心室内で発生するために頻脈になる。狭心症や心筋梗塞の発作の際に起こることが多い
上室性頻拍
心房から心室への電気刺激の通り道に先天的な異常があり、頻脈になってしまうもの。突然、脈が早くなり、しばらくすると、突然また元の脈に戻る
主な徐脈性不整脈 洞不全症候群
電気刺激の発生源である洞結節の機能が低下し、刺激の発生が減少したり、途中で途切れてしまうために拍動が少なくなるもの
房室ブロック
心房から心室への電気刺激の通り道に障害が生じるため、拍動が少なくなる